HomeSchool › 卒業生

School 俳優養成所

卒業生

児玉 拓郎Takuro Kodama

児玉拓郎

第1期生
ディーダッシュカンパニー所属(2010年〜)

主な出演作品
映画「進撃の巨人」
映画「地獄でなぜ悪い」
養成所の感想
身体表現は俳優にとって必要不可欠であると思います。養成所では演技とアクションのレッスンがあります。この二つは身体表現という点で決して切り離せません。養成所では、俳優の基盤である身体の使い方を研究する場として学ぶことが沢山ありました。その基盤はプロの現場で確実に活かされていると、仕事の度に実感してます。門をたたいて良かった。

藤木 修Osamu Fujiki

藤木 修

第4期生
鈍牛倶楽部所属(2012年〜)

主な出演作品
映画「クローズEXPLODE」
舞台「青い瞳」
「クレシダ」
養成所の感想
養成所で活動してきた期間で、自分にとって足りないものや必要なものなどが見えてきます。そして、何よりもサボってはいけないということを常に自分の心に置いて、行動するように心がけています。

鈴木 孝之Takayuki Suzuki

鈴木 孝之

第4期生
ディーダッシュカンパニー所属(2012年)

主な出演作品
映画「闇金ウシジマくん The Final」
映画「ちはやふる 上の句」
養成所の感想
失敗や挫折、後悔を繰り返しながらの養成所期間でしたが、講師の方に「お前にアクションの才能はない、でも努力を怠らなかった、それも1つの才能だ」と言ってもらい、前を向き稽古に励むことが出来ました。最後に笑うために、失敗も挫折も後悔も乗り越えて努力出来る場です。

山田 寛人Hirohito Yamada

山田 寛人

第5期後期生
鈍牛倶楽部所属(2014年)

主な出演作品
TV 鴨川食堂
CM マクドナルド『マックの裏メニュー』
養成所の感想
養成所に1年間通い、演じるということの根本や、基礎訓練から学ぶことができました。またアクション稽古では、役者に必要な身体性、アクションと芝居の関係性を学びました。1年という長いようで短い期間でしたが、役者にとって大切なものを根本から見つめ直すことのできました。今の自分があるのは、この1年があったからだと思います

菅原 健Ken Sugawara

菅原 健

第6期前期生
鈍牛倶楽部所属(2014年〜)

主な出演作品
映画「暗殺教室」
映画「暗殺教室〜卒業編〜」
TV「重版出来」
養成所の感想
演技はもちろんの事アクションも教えて頂ける所に魅力を感じます。
半年に一回ある発表会では講師の方々だけではなく鈍牛倶楽部の方も観に来られるので自分を見てもらうチャンスの場だと思います。自主映画を製作することがあったりアフレコの稽古をしたりと自分の表現の幅を広げるのに役立つ取り組みがあるので自分の更なるスキルアップが期待出来ると思います。

福田 周平Shuhei Hukuda

福田 周平

第6期後期生
ディーダッシュカンパニー所属(2015年〜)

主な出演作品
映画「葛城事件」
養成所の感想
芝居をやる中でアクションがあり、あくまでもアクションは芝居であるということ。これを講師の方や先輩に教えてもらえました。お芝居の中でもアクションは、技術や知識、経験が必要になってくる分野だと思います。1年間の養成期間を経て、その土台を作ることができるかどうか。自分から学ぶ姿勢があれば、それができる養成所だと思います。

中林 翔平Shouhei Nakabayashi

中林 翔平

第7期前期生
鈍牛倶楽部所属(2015年〜)

養成所の感想
芝居を始めた時から「頭で芝居するな」と言われることがよくありました。その壁の壊し方を見つけることが出来たのがこの養成所だった様な気がします。毎週演技とアクションのレッスンを受けているの中で、心と体を躍動させて生き生きとした芝居をするにどうすればいいかを教えてもらいました。そしてそれ以上に、講師の方々の芝居を心から楽しんでいる姿から芝居の楽しさを教えて頂きました。

高橋 里恩Rion Takahashi

高橋 里恩

第7期後期生
鈍牛倶楽部所属(2016年〜)

主な出演作品
舞台「露出狂」
CM「モンスターストライク(モンスト)チーム編」
養成所の感想
自分は演技経験もアクション経験も無く不安しかなかったのですが、演技もアクションも基礎からわかりやすく教わり、最初に楽しさを覚えました。それと同時に緊張も解け、徐々に自分から挑戦するようになりました。講師の方達も、自分のレベルに合わせて教えてくれるのでまた更に楽しくなり、沢山挑戦することができました。

河野 宏紀Hiroki Kouno

河野 宏紀

第7期後期生
鈍牛倶楽部所属(2016年〜)

養成所の感想
養成所では1年間お芝居とアクションを教えていただきました。お芝居では講師である大森さんに芝居をする上での大切な事を教えていただきました。アクションでは基礎から応用まで丁寧に教えて頂きました。D-dash養成所で学ぶことができて本当に良かったです。

田崎 実里Minori Tasaki

田崎 実里

第7期後期生
ディーダッシュカンパニー所属(2016年〜)

養成所の感想
養成所の稽古では鈍牛倶楽部やD-dashの先輩も一緒に稽古をするので活躍している役者を身近で見れるところがとっても刺激的で、とにかく愛情溢れる良い人たちばかりです。今後の自分がどうなりたいか今の自分はどうしたら良いのかをはっきり教えてくれる場所です。